タピルージュ ワインクラブ“20”
今世紀最高のヴィンテージ 2009年のフランスワインを楽しむ
2014年2月23日

tapis rouge
2014.05.18
ロバート・パーカー氏
2013.08.25
シャトー トゥール・サンボネ
2013.02.24
2012.08.26
フランス料理  タピ ルージュ
東京芸術センター20F
concept
lunnch
dinner
party
wine
reserve
access
2012.05.13
2012.02.19

そして今回のコース料理は、アミューズに「真鯛のフュメとカブのサラダ仕立て」、オードブルは「仔豚のプレスとグリル野菜 ニンニク・パセリのクーリ」、メインには「仏産鴨胸肉の燻製、仏産キノコのソテー」、そしてデザートは「イチゴのガトーとヴァニラアイスクリーム」でした。今回あえてワインに相乗しやすいよう、オードブルとメインを燻製にしましたが、苦手な方には申し訳ございませんでした。

ワイン造りを長い目で見ると、当然いい年もあればそうでない年もあります。今回は特別な優秀年のワイン会でしたが、そうでない年のワインにも、価格がリーズナブルや若いうちから楽しめるなど良い点はたくさんあります。

また、忘れてはいけないのは生産者の人々は良くない年こそ美味しいワインに仕上げるため、より一層の努力をしているということです。

そうした意味でも今回のワイン会は非常に贅沢な会だと感じていただけるのではないでしょうか?

最後に、今回ご参加いただいた皆様ありがとうございました。大雪に当たらずに済みよかったです。

次回は5月18日(日)に白ワイン、シャブリを特集したワイン会を考えています。
正式に決まりましたら、ホームページでお知らせいたしますのでよろしくお願いします。


ソムリエ 星野

仔豚のプレスとグリル野菜 ニンニク・パセリのクーリ
2011.08.28
2011.10.30
2011.04.10
2010.11.18
2010.10.03

今回のワイン会テーマは、傑作ヴィンテージ2009年のフランスワインを楽しむ会です。 今世紀最高といってもまだ10年少々ではありますが、これだけ各産地でそろって評価が高いのは珍しい事です。このヴィンテージの特徴としては、長期熟成も期待でき、今飲んでも美味しい点です。私自身も楽しみにこの会をむかえました。

他年と比較し、2009年の評価の高さを解りやすくするため、2種類の評価方法の違うヴィンテージチャートをご用意しました。ひとつは輸入業者ファインズさんのチャート、もうひとつはワイン評論の第一人者ロバート・パーカーJr氏のチャートです。互いのチャートを見比べながら、いかに2009年の評価が高いかをご理解いただけたのではないかと思います。

それでは今回のワインをご紹介します。まずロワール地方の白ワインでドメーヌ ユアールの造るクール・シュヴェルニー。生産量も少なく、ブドウはこの地でしか栽培されていないロモランタン種100%を使用しているワインで、フランスでもあまり知られていない産地です。

果実味よりもミネラル感が強く、独特の雰囲気を持ちとても印象的な味わいです。 2本目は、ブルゴーニュの赤ワインでドメーヌ エドモン・コルニュの造るラドワ・ルージュです。コート・ド・ボーヌ最北端に位置し、派手さはないが実直で素朴なワインを産み出す村として定評があります。

色合いは透明感のあるルビー色で、突出した要素がなく非常にバランスのとれた優しい味わいです。

3本目はコート・ドゥ・ローヌからドメーヌ ギヨーム・グロの造るリュベロン・ルージュ。当人が目指す「濃厚だがフレッシュなワイン」が正に表現されていて、南仏にありがちな野暮ったさが感じられず洗練されたワインです。

最後は私がこのワイン会を思いついたきっかけでもある、ボルドーのメドック地区からシャトー トゥール・サンボネです。メルロー種が多めにセパージュされていることもあり、コルクを抜いた瞬間から深みのあるリッチな味わいを楽しめます。パーカー氏もこのワインを1975年から毎年ケース買いし愛飲しているとのことなので、長年安定したクオリティーを保っているのではないかと思います。

真鯛のフュメとカブのサラダ仕立て
クール・シュヴェルニー
2010.05.16
ラドワ・ルージュ

リュベロン・ルージュ

イチゴのガトーとヴァニラアイスクリーム
仏産鴨胸肉の燻製、仏産キノコのソテー

wine photo
monthly wine
wine menu
wine club 20
2009.8.30,9.3, 〜コート•ダジュール 南仏プロヴァンスワインの夕べ
2009.11.10
2009.6.28,7.2, 初夏に香る白ワインの夕べ
2009.6.11, ポール ヴァンサン アリストン氏来店`
2009.5.14, ジョセフペリエの夕べ
2009.1.25 世界が注目『日本のワイン』`
2008.11.20 ボージョレヌーボーの夕べ2008
08.9.28 ブルゴーニュワインの夕べ
2008.7.13 太陽と自由の恵み カリフォルニアワイン
08.6.1 変わりゆくドイツワインの今
伝統とモダンのイタリアワイン
08.4.13 春と楽しむフランスワイン
ボージョレ ヌーボー
ジビエとローヌワイン
J.M.ウィンター氏来店H
champagneの夕べ
ボルドーワインの夕べ
ファブリス・ロセ氏来店{
if(t`
J.M.ウィンター氏来店H

採用情報