タピルージュ ワインクラブ”20”
孤高の葡萄 ピノ・ノワールを巡る
2012
219日 17:30~

tapis rouge
2014.05.18
2014.02.23
2013.08.25
2013.02.24
2012.08.26
フランス料理  タピ ルージュ
東京芸術センター20F
concept
lunnch
dinner
party
wine
reserve
access
2012.05.13

お客様からの評価も様々でブルゴーニュの「酸味が上品」という意見や、逆に「酸っぱい」とおっしゃる方、パタゴニアのワインが「ピノ・ノワールらしくない」いやいや「これがいちばん美味しい」など人それぞれで感じ方が違うという事を、あらためて認識でき楽しくお話をさせていただきました。

そして今回初の試み、ナチュラルチーズです。ぜひ食後にワインと合わせて楽しんでいただければと、白カビのブリ・ド・モー、青カビのフルム・ダンヴェール、ウォッシュのエポワス、ハードのミモレットの4種ご用意致しました。

ナチュラルチーズ初体験の方でも残さず、お召し上がりいただきましたが、フレッシュな状態だったので、慣れた方には物足らなかったかもしれませんね。 また機会を見てチーズも取り上げたいと思います。

鶏胸肉の燻製
2011.08.28
2011.10.30
2011.04.10
2010.11.18
2010.10.03

2012年、最初のタピルージュ・ワイン会は“孤高の葡萄 ピノ・ノワールを巡る”と題しピノ・ノワールから造られた赤ワインを特別コース料理に合わせて、三つの産地のものを比較しながらお楽しみいただきました。

今回の主役ワイン用ブドウのピノ・ノワールは、古くよりブルゴーニュ地方でロマネ・コンティをはじめ、数々の銘醸ワインを生み出すことで知られています。

軽やかで芳醇な味わいに反して、デリケートな性格をもつピノ・ノワールの栽培は難しく、半世紀ほど前まで他の地域では成功しにくいと考えられていました。しかし30年ほど前からアメリカ・カリフォルニア、オレゴン、そしてニュージーランド、オーストラリアなどで優れたピノ・ノワールが造られはじめ、さらに近年では南米チリやアルゼンチンでも生産されるようになりました。

そしてその中から、ワイン会ではブルゴーニュからグロ・フルール・エ・スールのオーコートドニュイ、オレゴンからウィラメットヴァレーヴィンヤーズのピノ・ノワール、そして新しい産地アルゼンチン・パタゴニア地方のサウルスのピノ・ノワールをご用意しました。 そして食前酒には、ポール・ショレのピノ・ノワールのみで造られた、クレマン・ド・ブルゴーニュをお楽しみいただきました。

三つの産地のワインを比べると、ブルゴーニュはとても落ち着いていてエレガントな酸味、オレゴンはやや線が太いながらも、ニューワールドにありがちな濃さや甘みが無くバランスが良い、パタゴニアは凝縮感がありどっしりとした味わい、やや荒削りな印象です。

4種のチーズ
グロ・フルール・エ・スール オーコートドニュイ
2010.05.16
ウィラメットヴァレー ピノ・ノワール

サウルス ピノ・ノワール

木苺のデザート ふすま粉のビスキュイ
新ジャガイモのリヨネーズ風

最後になりましたが、寒い中ご来店いただいた皆様ありがとうございました。今回初参加のお客様も楽しんでいただけたようでとても安心しています。

次回もお客様に楽しんでいただけるワイン会を開催して行きたいと考えております。どうぞ今後ともよろしくお願い致します。

タピルージュ ソムリエ 星野

2013.05.19
monthly wine
wine menu
wine club 20
2009.8.30,9.3, 〜コート•ダジュール 南仏プロヴァンスワインの夕べ
2009.11.10
2009.6.28,7.2, 初夏に香る白ワインの夕べ
2009.6.11, ポール ヴァンサン アリストン氏来店`
2009.5.14, ジョセフペリエの夕べ
2009.1.25 世界が注目『日本のワイン』`
2008.11.20 ボージョレヌーボーの夕べ2008
08.9.28 ブルゴーニュワインの夕べ
2008.7.13 太陽と自由の恵み カリフォルニアワイン
08.6.1 変わりゆくドイツワインの今
伝統とモダンのイタリアワイン
08.4.13 春と楽しむフランスワイン
ボージョレ ヌーボー
ジビエとローヌワイン
J.M.ウィンター氏来店H
champagneの夕べ
ボルドーワインの夕べ
ファブリス・ロセ氏来店{
if(t`
J.M.ウィンター氏来店H

採用情報