タピルージュ ワインクラブ"20"

2009年1月25日

世界が注目“日本のワイン”

tapis rouge
2014.05.18
2013.08.25
2013.05.19
2013.02.24
2012.08.26
フランス料理  タピ ルージュ
東京芸術センター20F
concept
lunnch
dinner
party
wine
reserve
access
2012.05.13
2012.02.19
2011.10.30
2011.08.28
2011.04.10
2011.11.18
2010.06.27
2010.05.16
2009.11.19
09.11.10
あけましておめでとうございます!という挨拶も懐かしく、気がつけば今年ももうひと月が過ぎました。お正月にはもちろん日本酒を飲む方が多いと思いますが、日本のお酒は日本酒や焼酎だけじゃないぞ!と言う意気込みで今回は日本のワインをテーマにしました。日本のワインの印象ってどうなのでしょうか?「美味しいのあるの?」ですとか、「お土産に買ったことがある」、などまだまだワインとしてまっすぐに向き合えてもらえてないのかなあと言う印象を受ける気がします。
ブルゴーニュワインを熱弁する ソムリエ 猪股

しかし日本でも美味しいワインはたくさんありますし、確かにフランスや他の国のワインとは趣が違いますが、それは個性として、日本らしさとしてポジティブに感じていただけたら、と思いながら今回のお話をしていきました。

確かに日本で造られるワインには華やかさや力強さというような強い印象のものはあまりないかもしれませんが、代わりに優しく包み込むような香りや、するりと口の中を通り抜けていく丸い味わいはそれこそ他の国のワインにはない良さだなあと僕自身も今回改めて実感しました。そのような印象を感じていただければと思い、今回は甲州という白ブドウを中心に味わって頂きました。このブドウは日本では1000年以上栽培されていて、日本では珍しいヨーロッパ系のブドウです(食べるブドウはアメリカ系かその改良品種)。この甲州は主に勝沼で栽培されていて、その多くがワイン用に仕向けられます。そしてこの地で生まれた甲州のワインが海外のワインコンクールで賞を取ったり、輸出されたりと何かと注目を集めています。

軽やかで優しく瑞々しい味わいが特徴の甲州ですが今回は異なるタイプのワインを用意して、またコメントを書く用紙もお渡ししてそれぞれ感じたことを記入して楽しんで頂こうと思いましたが、皆様とても真剣モードで「コレはどんな香りですか?」といった感じで大いに興味を持って取り組んで頂けました。そして料理もワインに合わせて優しい味わいのものをお願いしました、もちろんフランス料理ですが。

今回ご用意したスペシャルメニュー(画像をクリックすると料理名が分かります)

まず最初のワイン「グリド甲州」はとても甲州らしい柑橘系の爽やかな香りと優しい酸味、丸い味わいを持ったワインで和食などにもとても合いそうです。このワインに合わせるひと皿は真鯛のフュメと農園野菜のタルタルです。軽くスモークしてハーブとエシャロット、小さく切った野菜と合わせたタルタルの爽やかな味わいとワインの爽やかさがお互いを引き立てていました。

そして2本目のワインは「鳥居平甲州」。このワインは甲州を使っていますが、果汁を濃縮して造っているので1本目に比べてとても濃厚に感じます。トロピカルフルーツのような甘酸っぱい華やかな香りと甘み、そしてそっと全体を支える酸味があるのでバランスも良く飲みやすいです。このワインには少し甘みのある食材をということでボタン海老とホタテのラビオリ仕立てをご用意しました。口の中で重なり合う魚介の甘みとワインの甘み、そして最後に口の中に残る甘い余韻が最高です。

そしてメインディッシュの前に今日のスペシャルワインをご用意しました。勝沼醸造の「アルガ ブランカ イセハラ」です。このワインは甲州で造られたワインですが、ソーヴィニヨンブランを思わせる青い果実や草原、ハーブのような爽やかな香りを持っているのが特徴です。この香りは驚いた事に笛吹市伊勢原(イセハラ)の風間さんの畑から収穫されたブドウが自然に持っていた香りだったのです。大きな石がゴロゴロしている伊勢原の辺りでは粒のそろったキレイなブドウは育たないので多くの方がブドウをあきらめ桃の栽培に切り替えたそうですが、風間さんだけが頑なにブドウを作り続けたそうです。このワインは海外でも高く評価され、年間1万5千本のうち3000本がヨーロッパ、主にフランスに向けて輸出されています。日本でもなかなか手に入らない一品ですし、その強烈な香りにお客様も、そして私たちスタッフも驚嘆しました!!これが甲州?私も久しぶりに飲みましたが、やっぱりスゴイ!驚愕の香りと味でした。

最後のお肉料理に合わせるのは山梨ワインの 「七俵地畑 カベルネソービニヨン2006」です。このワインに限らず日本の赤ワインはとてもなめらかで優しい印象を受けます。カベルネソービニヨンで造られるワインはいわゆるフルボディになるものが多いので、通常でしたら牛肉や仔羊など脂ののったお肉を合わせることが多いですが、このワインはとても優しい印象なので思い切ってウズラのローストをゴボウとレンズ豆を添えてご用意しました。どの料理もご好評頂きまた食事に合うワインとして楽しんで頂けたようです。

今回ご紹介したワイン(画像をクリックすると銘柄が分かります)
今回は山梨、それも勝沼のワインばかりでしたのでまだまだ色々なワインと出会えますね。またワイン会の前の週に僕自身、勝沼に行って畑やワイナリーを見てきたのでこちらの旅行記も別にお伝えしようと思います。今回も多くの皆様のご参加ありがとうございました。また楽しんで頂けるよう頑張りますのでこれからもワインクラブ20をよろしくお願いいたします。ちなみに今回用意したワインはまだお店にございますので機会があれば是非楽しみにいらして下さい、どうもありがとうございました。

ソムリエ 久保田 大介 

wine photo
monthly wine
wine menu
wine club 20
2009.8.30,9.3, 〜コート•ダジュール 南仏プロヴァンスワインの夕べ
2009.6.28,7.2, 初夏に香る白ワインの夕べ
2009.6.11, ポール ヴァンサン アリストン氏 来店l
2009.5.14, ジョセフペリエの夕べ
2009.5.12 マニュエル ジャニソン氏 来店l
2009.3.22,4.2 『五大陸ワインの夕べ』l
2009.1.25 世界が注目『日本のワイン』es/wl
2008.11.20 ボージョレヌーボーの夕べ2008
08.9.28 ブルゴーニュワインの夕べ
2008.7.13 太陽と自由の恵み カリフォルニアワイン
08.6.1 変わりゆくドイツワインの今l
伝統とモダンのイタリアワイン
08.4.13 春と楽しむフランスワイン
ボージョレ ヌーボー
ジビエとローヌワイン
J.M.ウィンター氏来店 Lil
champagneの夕べ
ボルドーワインの夕べ
ファブリス・ロセ氏来店 CSActl
J.M.ウィンター氏来店 Lil
2010.10.03

採用情報