タピルージュ ワインクラブ"20"

2008年9月28日

ブルゴーニュワインの夕べ

tapis rouge
2014.05.18
2014.02.23
2013.08.25
2013.05.19
2013.02.24
2012.08.263
フランス料理  タピ ルージュ
東京芸術センター20F
concept
lunnch
dinner
party
wine
reserve
access
2012.05.13
2012.02.19
2011.10.30
2011.08.28
2011.04.10
2011.11.18
2010.10.03
2010.06.27
10.05.16
2009.11.19
09.11.10
タピルージュにてブルゴーニュワイン会を行いました。 ワイン大国フランスにおいてもブルゴーニュは名産地の中でも際立っており、 以前より、ワイン会でとり上げたかった題材でしたので今回実現できた事を嬉しく思います。
ブルゴーニュワインを熱弁する ソムリエ 猪股

ブルゴーニュワインの魅力をお伝えするため、主に格付けや土壌のお話しを中心に、モノポールのワイン畑の相続の逸話や、ネゴシアンの作るワインについてもご説明させていただきました。わかりづらい格付けについても、日本のお米に例えてお話しすると、お客様のご理解も深まったようでした。

ワインのセレクトはネゴシアンのものとドメーヌのものと、さらに地方、地区、村名、畑名と4種類に分類できるようにそろえました。 赤ワインは3種類とも、同じドメーヌのものを選び、その僅かな場所の違いでも生まれる 味の違いというものを体験いただきたいと思いました。

今回ご用意したスペシャルメニュー(画像をクリックすると料理名が分かります)

畑、テロワールの違いが強くあらわれるというのが、ブルゴーニュの魅力の1つだと思います。 皆様、グラスを傾け、色調を見比べたり、目を閉じ香りの違いを確かめたり、お好みの順に並べ替えたりと思い思いに楽しんでいらっしゃいました。
最後にご用意したワインは高価なワインという事もあり、テイスティング用のごく少量でのご提供となりましたが、その分飲み比べるワインの種類も増え、様々な味の違いをお試しいただきました。

今回ご用意したお料理の中でも、ホオズキを使ったアミューズには、驚かれる方も多かったようです。鑑賞用のホオズキとは品種が異なるのですが、意外にもヨーロッパではよく食べられる食材です。オードブルはブルゴーニュ産のエスカルゴ!!(ぶどうの葉を食べて育ったエスカルゴです。)メインの和牛の赤ワイン煮込みには、ブルゴーニュワインを使いました。 お客様からも、今回のメニューとワインのマリアージュにたくさんのお褒めの言葉をいただきました。

今回ご紹介したワイン(画像をクリックすると銘柄が分かります)
今回ブルゴーニュ地方の中で紹介をできなかった、ボージョレ地区ですが 次回のワイン会はボージョレの解禁日になりますので、詳しくご説明できるかと思います! コートドールとはまた一味違った楽しさがあります!
今回はたくさんのお客様にご参加いただき、ありがとうございました。
次回のボージョレヌーボーの会にも遊びにきてください!!

ソムリエ 猪股

wine photo
monthly wine
wine menu
wine club 20
2009.8.30,9.3, 〜コート•ダジュール 南仏プロヴァンスワインの夕べ
2009.6.28,7.2, 初夏に香る白ワインの夕べ
2009.6.11, ポール ヴァンサン アリストン氏 来店lub_4l
2009.5.14, ジョセフペリエの夕べ
2009.5.12 マニュエル ジャニソン氏 来店l
2009.3.22,4.2 『五大陸ワインの夕べ』l
2009.1.25 世界が注目「日本のワイン」l
2008.11.20 ボージョレヌーボーの夕べ2008
08.9.28 ブルゴーニュワインの夕べ
2008.7.13 太陽と自由の恵み カリフォルニアワイン
08.6.1 変わりゆくドイツワインの今l
伝統とモダンのイタリアワイン
08.4.13 春と楽しむフランスワイン
ボージョレ ヌーボー
ジビエとローヌワイン
J.M.ウィンター氏来店m
champagneの夕べ
ボルドーワインの夕べ
ファブリス・ロセ氏来店l
J.M.ウィンター氏来店m

採用情報