top page

放牧中のえさを食べるチンタセネーゼ

ミルクのみで育った仔豚 ”ガスポール” 日本初登場

今回、初めて日本に輸入され、tapis rougeでいち早くご用意できる事となりました。

カナダ、モントリオールのフレンチレストランToqué!や、NYタイムズ紙のレストランアワード2009で最高の四つ星(四つ星は5店舗のみ)獲得したレストランDanielなどで提供されている乳飲み子豚です。

この“ガスポール”はヨークシャー種の豚で生後3週間は母乳で、その後6週間は栄養を豊富に含んだ特殊配合のミルクで飼育されています。フランス料理ではよく使われる乳飲み仔牛のようなピンク色の赤身は、繊細な風味と最上のやわらかさがあり、バターのように甘い脂肪が特徴です。